幼稚園での生活が不安なら!制度や他の施設との違いなど役に立つ情報を紹介

幼稚園での生活が不安なら、制度や他の施設との違いなど役に立つ情報を紹介します。
子供は自由で素直である為、先生に失礼な事を行い気分を不愉快にする事がありますが仕方ないです。
仕事と割り切っていてもストレスが溜まるのでリフレッシュする事は、息抜きになり素晴らしいです。
先生は家庭があるのでトラブルがあると仕事に持ち込み、子供達に八つ当たりしない為に、室内に監視カメラを設置する事が検討されてます。
良い事は採用する事で回避します。

幼稚園での生活が不安なら!制度や他の施設との違いなど役に立つ情報を紹介

幼稚園での生活が不安なら、制度や他の施設との違いなど役に立つ情報を紹介します。
子供は自由で素直である為、先生に失礼な事を行い気分を不愉快にする事がありますが仕方ないです。
仕事と割り切っていてもストレスが溜まるのでリフレッシュする事は、息抜きになり素晴らしいです。
先生は家庭があるのでトラブルがあると仕事に持ち込み、子供達に八つ当たりしない為に、室内に監視カメラを設置する事が検討されてます。
良い事は採用する事で回避します。
幼稚園の説明です。

幼稚園と保育園では子供を預かる目的が異なる

最近幼稚園でも預かり保育を行うなど保育園と差がなくなってきています。
ですがこの2つには大きな違いがあり、管轄する省庁も異なっています。
幼稚園は文部科学省が管轄をしており、学校教育法に基づき心身の発達を助長することが目的です。
幼稚園教育要領が定められており、その教育要領に従って一人ひとりに目標が設定されます。
すべての活動に目標と目的があり、どのようなことをねらいで行うかが大変明確です。
幼稚園の場合保育士資格だけではなることができず、教諭はすべて2種もしくは1種の免許を取得しています。
保育園は厚生労働省の管轄で、保育にかける子供の保育を行い、健全な心身の発達を図ることを目的としています。
児童福祉施設の一つであり、子どもの発達過程を踏まえて養護と教育を一体的に見ます。
職員は保育士資格を持っていることが必須であり、さらに子どもの月齢に応じて配置される保育士の人数が決められています。
この2つは学校と福祉施設という大きな違いがあります。

幼稚園と認定こども園の異なるポイント

子どもが大きくなってくると幼稚園にしようか認定こども園にしようか悩みます。
この2つの違いは対象年齢と入園条件などとなっており、認定こども園は幼稚園と保育園の両方の機能を持っています。
さらに幼保連携型や保育所型など大きく4つに分類されており、それぞれ時間などに若干の差がありますが、0歳から小学校入学前まで入園させることができますし、1号から3号認定まで受け入れています。
幼稚園は完全に文部科学省が所管となっており法的な位置づけは学校です。
対象年齢も3歳から小学校入学前までとなっており、保育料も世帯の収入は関係がなく通わせる園によって異なります。
基本的に保育の時間も教育標準時間に沿って4時間と短いのですが、近年では幼稚園でも保育園並に保育を行うところが増えてきました。
また保育内容にも差はさほどありませんが、学校という位置づけであるので教育要領があり、その教育要領に従って保育が進められていきます。

共働きの場合幼稚園の長期休暇はどうする?

幼稚園だと、共働きなので長期休暇などはどうしようという方も多いのではないでしょうか。
勤務先と自宅の中間の距離くらいにある幼稚園を選びたい方も多いかもしれません。
実は、職場にある保育施設と併用されている方も少なくないようです。
いわゆる、企業型保育というものになりますが、幼稚園がないときは、職場のこういったものを活用されていることが多いですね。
例えば、病院勤務の看護師のような人たちは、病院内に保育施設があったりします。
そのため、幼稚園がないときに、保育施設を企業型保育で活用しているケースが少なくないのです。
勤務先にもよりますが、子供を預けて仕事をするなんてというほどのことでもなく、上手に幼児関係の教育機関を活用するケースも少なくありません。
よくインターネットを活用することと勤め先の福利厚生の問題になることが多いのが子育ての実情になります。
企業型保育は自治体のホームページなどに記載がありますので、よく調べましょう。
休みのときは、家族団らんゆっくりしたいものですね。

公立幼稚園と私立幼稚園はどう違う?

幼稚園選びで迷うことの一つに公立か私立かという点があげられます。
大きな違いは私立幼稚園の場合学校法人や宗教法人が運営していることであり、園児数も1幼稚園あたり平均166人であることが文部科学省の調査で判明しています。
数字上では私立の場合倍以上の子供がいることがわかっていますが、教諭の数は決められているので手薄になっているというわけではありません。
費用においても違いがみられます。
一般的に私立の方が教育費が高くなっており、たとえ幼保無償化が整ったとしても無償部分は保育料の部分であり、入園費や園の維持費、制服代などは有料です。
教育面では私立の方が独自カリキュラムがあり、モンテッソーリ教育やリトミック、英語や絵画などに力を入れています。
別途習い事に行く必要はなく、幼稚園で完結できるのが魅力な点でもあります。
公立は自由で子供が考える力を大切にしており、自らが考え出す創作活動が多いのが特徴となっています。